読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenanのブログ

闘病生活

事件、配信、その後。

Ustreamで事件という物を配信してみて。


これは今まで行われなかったことなのでいろいろ記事にされたり。多数のコメント、ブックマークコメント、リンクを頂きました。みなさんの記事、コメントはほぼ読ませていただいております。その際に思ったこととかつらつらと。


Ustreamについて。

?仕組み知ってる人がほとんど居ない。または調べていない。一般的には知られていないところが大きいと思いますが、どのようなサービスであるか、使われ方をしているかをまったく調べず騒いでいる人が多かった。
簡単には説明してくださった方がいましたが簡単だったため理解したつもりになってる人が多いようですね。

私が知っている限りでのUstreamについて言うと

1、カメラ、パソコンを接続しインターネットに繋ぐことでブラウザからカメラの情報を配信することができる。?

2、配信はユーザー登録をする必要があり、配信の設定を細かく行うことができる。(IRCへの発言権(要ユーザー登録)、配信のクオリティ設定(音声、映像)、録画のOn,Off等)

3、Ustreamの運営により配信内容は監視されている。

?・ビュワー数が増えるとUstreamサイトトップページへ自動で掲載され注目を浴びる。その結果運営に監視される確率が増える。

・また、過激な内容での配信などは即時アカウント停止。配信も強制終了される。その際の録画は不可。?

?簡単にまとめると、手軽に配信できて、データもサーバーに保存できるので気軽に録画して後で見れたりするし、変な動画は削除される。データをダウンロードして(配信者のみ)加工もできるので便利だね。ということ。

その点を考えると、どのような映像を配信したか見ておらず、勘違いしたコメントを投稿する人がいたことがとても残念でした。


・撮影についての問題。

?よく、撮影した際に映っていた人、配信された人についてのことを言う人が居ましたが。これは実際の配信を見てない人で無いと解りにくいかもしれません。なぜなら、MacBookに内蔵されているiSightで撮影したという点です。

基本的にiSightは目の前の自分を映すぐらいのスペックしか持っていないので遠くに居る人とかまで鮮明に写せません。さらに言えば、Ustreamはクオリティ設定ができますが、最高画質にすればiSightでも多少は個人を認識できると思います。しかし、そのような設定ではデータ量が増えて配信の品質がとても悪く見れた物ではありません。?実際の映像は、ぼやけたカクカクの映像に音声がある程度はっきり聞こえるものだったと予想します。

そうなるとなんとかの権利が。と騒ぐ人いますが、実際映像は残ってないのですし。何も無いと思います。あるとすれば僕の近くにいた警察の方か隣に立っていた人だと思いますが、顔は映らないように撮影したつもりです。?

そして、たぶん皆さんと一番大きく認識が違うのは、ぼくにとってのUstream秋葉原に観光に来ている海外の方々が撮っているビデオ撮影となんら変わらないと言うことです。?

これは個人的な認識ですが、秋葉原でテレビ局のカメラに映らないように移動する人はいるかもしれませんが、海外の人がビデオカメラをまわしていてもそれに絶対に映らないようにしている人はほとんど居ないと思います。

それでも不特定多数の人に見られる可能性があり、嫌悪感を抱く人はとても多いと思います。実際にぼくの知ってる範囲の人でも多数おり、カメラを避けています。

ただテレビと大きく違うのは見られる可能性がとても低い点です。今回でこそ2000人超、3000人は見たとか話は聞きましたが、その配信後にぼくのUstreamのチャンネルを訪れた人がどれだけいるでしょうか?たぶんほとんど居ないでしょう

今まで秋葉原の風景を何度か配信しましたが何も無ければ10人も人が来ないことなどよくあることです。?つまり、身内で楽しむことが多いので旅行者のビデオカメラの撮影と変わらないということです。?

なので特に責任や覚悟を持って撮影したという気持ちはありませんし、今後も特に意味のある配信が行われる可能性などほとんどないでしょう。

?それでも、撮られたくない人を撮影することはありませんし、録画を行っていた場合は映りたくない人が偶然カメラに入った場合に、誰でも見れてしまうので録画もあまりしていません。


・モラルとか。

言うまでもなく、言われるまでもなく一般的な視点からすればモラルの無い行動でしょう。それはわかっています。この事件、この行為について忘れることは無いし普段は絶対関わらないような方の多数の意見が聞けたのは良かったと思ってます。