読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenanのブログ

闘病生活

ニコニコ大会議にいってきました。

12月4日にJCBホールにてニコニコ動画の新サービス発表会なる。ニコニコ大会議に参加しました。

ぼくはサービス開始当初からプレミアムに登録してたんですが、たまたま見てた0時ごろのニコ割にて大会議の参加者受付中。とあったので申し込んだのですが、当日にスタッフに軽く聞いたらプレミアム会員は優先してチケット配ってたらしい。とのこと。まあ、案内のお兄ちゃんなので本当かどうかはわかりませんが、プレミアムでよかったなぁと思いましたね。

イベントの内容はほかで詳細がまとめてあるので割愛しますが。企業の新サービス発表会がこんなものでいいか・・・。というぐらいとても面白いイベントでした。

ニコニコネタ満載のCMがところどころに入り。なぜかトルシエ元代表監督が呼ばれ、ニコニコユーザー代表も参加。

観客はニコニコ中毒かと思われる人ばかりでツッコミ声が飛びまくりでした。小林社長、夏野さんの話を聞いているとそれすらも楽しんでいる様子でした。

ぼくは今までの大会議はまったく参加しいないしレポートも見ていなかったのですが、こんな砕けた発表の仕方でもターゲットユーザー層が若い人中心なのでぜんぜんOKなんですかね。

それと、会場、生放送のレスポンス早くて新サービスの発表した瞬間に歓声があがるか、声が1つもあがらず夏野さんのつっこみが先に飛ぶか。みたいな感じでユーザーの反応がすごいわかりやすかった。

まあ、望まれたサービスだけをやってるだけじゃ新しいことなんてできないんだろうけど、ただ新サービス開始のプレスだけ出してそれを見たブログやニュースサイトにぐだぐだ言われるよりすごいわかりやすいな。と思った。

今回のダブルベータで本格的にお金を回収して行く感じはしないでもない。

ニコニ広告とかいい例。元ネタはGoogleの広告みたいな感じでお金払って検索ワードのTOPに対象動画を優先して表示させる感じなんだけど、そこで投資されたポイントが動画投稿者に流れれば少しは創作意欲の向上になるだろうし。今のところそこまでは発表されてないけど、以前の開発者ブログを見る限りそういう方向へもって行きたい気はしている。

ただ無料会員だらけで限界までタダで楽しみたい人が多いニコニコの中で流行るかどうかは始まってみないとわからないだろうなぁ。。。プレミアム会員限定の生放送とか需要があるかわからん。広場も。

会場の反応もすごい微妙だった。

広場の発想はいいけど、例え話が地震があったときにみんなで話あって共有とかものすごいTwitter的なたとえでわかりにくかった。まあ、広場にみんながらなれたころになれば、広場にいるだけでニコニコ全体のHOTな話題を把握できて楽しめるようなことを想像すればいいのだろうな。

ただそれをあのプレイヤーのFlash上でやりたいとは思わないけど。早めの携帯端末への対応と専用アプリの提供があってほしいなぁ。動画見なくても広場にだけいたい人とかいるだろうし。

とまあ、サービスに関してはこんな感想ですが。イベント事態としては有意義でした。これで無料なのか。。。

前回の大会議が5000万の出費で今回の出費がそこからさらに2割り増し。まあ、ニコニコチャンネルで大手企業の契約にこぎつけたからの余裕なんですかね。

それでも、常にネタ満載でユーザーを盛り上げる姿勢はとてもよかったです。

ぼくは先頭列の一番端でMacBooKを広げてインターネットをすべく格闘してましたが。とても聞く姿勢なんぞできてませんでした。

申し訳ない。

それでも、また大会議あったらいきたいなー